洗面化粧台の交換を承りました

こんにちは代表の蒲原です。

本来の主な事業内容は建設現場での設備工事、空調、ダクト工事家庭用エアコンの販売 施工、保守、点検などですが

今回は一般家庭の洗面化粧台の交換・取り付けのご依頼を承りました。

洗面化粧台の取り付けは多少の技術が必要な場合もありますが、基本的には一般の方でも取り付けることができますので

お客様でご購入された洗面化粧台を自分で取り付けたい
または、、、
HPBの施工風景を見たい

というお客様の参考になれたらと思い記事にさせていただきました。

古い洗面台・化粧台の取り外し

 
まずは古い洗面台と化粧台の取り外しです。
こちらの洗面化粧台は約30年間使用したとのことですが、古い物も新しい物も取り外しは簡単です。


洗面化粧台は、化粧台(上の部分)洗面台(下の部分)で分かれています。

壁に固定している化粧台をインパクトドライバー(18v)を使ってネジ(木ビス)をサクサク取り外していきます。


こんな感じで無事取り外しました。

取り外した床や壁には30年分のホコリや汚れがついていますが、専門のクリーナーを使って汚れを取り除いていきます。

もちろんご家庭にある住宅用液体洗剤でもきれいになりますよ。

壁にはコンセントが設置されている


化粧台を取り外したあとの壁を見ると、あらかじめコンセントが設置されています。

化粧台を交換をする場合

配線を引っ張ってきてコンセントを付けなくてはいけない

という一般の方では難しい作業は基本的にはありません。

なので化粧台の取り外し・取り付けは簡単ですよ。

新しい洗面台の取り付け

続いて新しい洗面台の取り付けになります。

壁から出ている給水管を通す位置をペンで印をしておきます。

そして印をしたところに穴を開けて、給水管と洗面台がぴったり収まるようにはめ込んでいきます。

こちらのご家庭は部屋の角に設置させたいとのことなので、壁に隙間無く設置できるように慎重に作業していきます。

この時

穴を開けづらい
給水管と洗面台をうまく収めることができない
設置したい場所にうまく置けない

このような場合があるので専用工具を持っていない方、きれいに穴を開けたい方はプロにお任せした方が良いかもしれません。

無事 角にピッタリ設置できました。

止水栓(元栓)を使いやすい物に交換


今回止水栓を使いやすい物に交換させていただきました。

止水栓とは故障時やメンテナンス時に水を止めるもので、洗面台の下の収納内に設置されています。


交換前は止水栓を使用するときにマイナスドライバーを用いて開閉するタイプでしたが、ハンドルがついた使いやすいタイプに交換させていただきました。

古い洗面化粧台を約30年使用していたということは、止水栓も同じ年数使用していたことになります。

見た目は普通でも水にさらされていた内側は劣化しているので

洗面化粧台の交換の際には止水栓の交換もしたほうが良いです。

止水栓を交換する際はネジ山にシールテープを巻いておきましょう

シールテープを巻くことで配管接合部の漏水を防ぐことができます。


排水管の盛り替え(加工)が必要でした


付属していた部品では排水管を繋ぐことができないため、排水管の盛り替え(加工)が必要になりました。

排水管の落し口に合わせて洗面台を配置することでこの問題は解決しますが
洗面化粧台を部屋の角に設置させたいとのことでしたので、排水管の盛り替えをさせていただきました。

配水管を切断 接着

パイプカッターを使って排水管を切断し距離を調節していきます。

続いて切断した排水管を塩ビのりで接着していきます。

無事配水管を納めることができました。

最後にバックパネルを敷いて洗面台と排管は完了です。

壁に固定して完成

止水栓や配管が完了し、最後は洗面台と化粧台を壁に固定していきます。

取り外しの時と同様インパクトドライバーを使って上下4カ所固定して完成です。

ビフォーアフター

  

作業時間の目安

今回の作業時間

  • 約1時間30分

止水栓の交換、排水管の盛り替え(加工)がない場合

  • 約1時間

交換した洗面化粧台の紹介

今回交換した洗面化粧台はTOTO洗面化粧台 新Vシリーズ W600サイズ エコシングルシャワー水栓+LED照明2面鏡(LDPB060BAGEN1A+LMPB060B2GDG1G)という商品で
洗面化粧台の中でも比較的安価なモデルです。

比較的小型の洗面化粧台ですが、幅60㎝×高さ70㎝の二面鏡で鏡の裏側はすべて収納スペースになっているのでおすすめですよ。

洗面所のスペースに余裕があるかたは、75㎝幅の洗面化粧台もおすすめです。